top_line.gif
現在位置
トップページ【赤磐市教育委員会】 » シンポジウム記録集「両宮山古墳とその時代」刊行のお知らせ

 2017年03月15日

シンポジウム記録集「両宮山古墳とその時代」刊行のお知らせ

このたび、平成27年度に赤磐市制施行10周年を記念して開催した史跡両宮山古墳のシンポジウムの内容をまとめた記録集を刊行しました。

5世紀後半に造られた備前地域最大の前方後円墳の真実に迫る1冊。

第一線で活躍する研究者らによる講演の記録とパネルディスカッションの内容を掲載。

両宮山古墳には誰が眠るのか? なぜ埴輪と葺石がないのか? 吉備と朝鮮半島との関係は?

 

「吉備の巨大古墳」 岡山県古代吉備文化財センター所長 宇垣 匡雅

「国家形成と吉備勢力」 神戸大学大学院准教授 古市 晃

「畿内からみた両宮山古墳」 独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所主任研究員 林 正憲

「両宮山古墳周辺の朝鮮半島系資料が語るもの」 岡山理科大学教授 亀田 修一             

そのほか討論内容などを収載。

 

A5判、巻頭カラー写真、本文133P

価格:1,500円

 

本の詳細についてはコチラ

購入方法についてははコチラ


top_line.gif
おしらせ
[2017.03.21 09:25 (Tue)] 史跡備前国分寺跡講堂地区現地見学会のご報告
[2017.03.15 18:04 (Wed)] シンポジウム記録集「両宮山古墳とその時代」刊行のお知らせ
[2017.02.27 10:00 (Mon)] [文化財防火デー]赤磐市山陽郷土資料館の避難訓練
[2017.01.26 17:00 (Thu)] [文化財防火デー]赤磐市吉井郷土資料館にて防火点検
[2017.01.04 15:00 (Wed)] 1月26日は「文化財防火デー」です
< Previous 123456 Next >