top_line.gif
現在位置
トップページ【赤磐市教育委員会】 » 赤磐市文化財マップ » 赤磐市文化財一覧 » 史跡一覧 » 備前国分寺跡
3

備前国分寺跡(びぜんこくぶんじあと)

指定別 国指定
指定種別 史跡
所在地 馬屋
指定年月日 昭和50年7月19日

 奈良時代、聖武天皇の発願(ほつがん)によって各国に建立された国分寺の一つ。

 南北約190m、東西約175mの寺域に、南門・中門・金堂・講堂・僧房が一直線に並び、南東隅に塔を配置していた。

 主要な建物は平安時代末ごろに失われ、その後再建された建物もあったが、安土桃山時代には焼失したことが明らかとなっている。

詳細は備前国分寺跡参照。

備前国分寺跡とその周辺遺跡を散策するコースはこちら

備前国分寺跡(びぜんこくぶんじあと)

より大きな地図で 備前国分寺跡 を表示

top_line.gif
おしらせ
[2013.08.01 11:00 (Thu)] 「熊山遺跡」パンフレットの発行について
[2013.03.27 11:30 (Wed)] 「赤磐市文化財調査報告第6集」刊行のおしらせ
[2013.03.25 11:30 (Mon)] 正崎2号墳出土品が県指定文化財に指定されました
[2012.03.28 09:00 (Wed)] 刊行図書のページ開設のお知らせ
[2011.03.14 17:00 (Mon)] 東日本大震災の義援金募集について
< Previous 1234567 Next >