top_line.gif
現在位置
トップページ【赤磐市教育委員会】 » 赤磐市文化財マップ » 赤磐市文化財一覧 » 史跡一覧 » 備前国分寺跡
3

備前国分寺跡(びぜんこくぶんじあと)

指定別 国指定
指定種別 史跡
所在地 馬屋
指定年月日 昭和50年7月19日

 奈良時代、聖武天皇の発願(ほつがん)によって各国に建立された国分寺の一つ。

 南北約190m、東西約175mの寺域に、南門・中門・金堂・講堂・僧房が一直線に並び、南東隅に塔を配置していた。

 主要な建物は平安時代末ごろに失われ、その後再建された建物もあったが、安土桃山時代には焼失したことが明らかとなっている。

詳細は備前国分寺跡参照。

備前国分寺跡とその周辺遺跡を散策するコースはこちら

備前国分寺跡(びぜんこくぶんじあと)

より大きな地図で 備前国分寺跡 を表示

top_line.gif
おしらせ
[2017.05.10 12:00 (Wed)] 平成29年度NPO等による文化財建造物管理活用の自立支援モデル検討事業募集のご案内について
[2017.05.01 10:00 (Mon)] 平成29年度後期助成募集のご案内について
[2017.04.25 14:30 (Tue)] 史跡だより第12号発行のお知らせ
[2017.03.21 09:25 (Tue)] 史跡備前国分寺跡講堂地区現地見学会のご報告
[2017.03.15 18:04 (Wed)] シンポジウム記録集「両宮山古墳とその時代」刊行のお知らせ
123456 Next >