top_line.gif
現在位置
トップページ【赤磐市教育委員会】 » 赤磐市文化財マップ » 赤磐市文化財一覧 » 史跡一覧 » 両宮山古墳
2

両宮山古墳(りょうぐうざんこふん)

指定別 国指定
指定種別 史跡
所在地 穂崎・和田
指定年月日 昭和2年4月8日・昭和53年2月8日追加・平成18年1月26日追加

 墳丘全長206mの前方後円墳で、吉備の三大巨墳の一つ。

周囲には二重の濠がめぐり、古墳の総長は349mをはかる。

 優美な墳丘と水をたたえた内濠をもつことで知られている。

5世紀後半の築造で、吉備の大首長の墓と考えられる。

詳細は両宮山古墳参照。

両宮山古墳とその周辺をめぐる散策コースはこちら

両宮山古墳(りょうぐうざんこふん)

より大きな地図で 両宮山古墳 を表示

top_line.gif
おしらせ
[2017.05.26 10:00 (Fri)]  [文化財を守ろう] 防犯対策の徹底のお願い
[2017.05.01 10:00 (Mon)] 平成29年度後期助成募集のご案内について
[2017.04.25 14:30 (Tue)] 史跡だより第12号発行のお知らせ
[2017.03.21 09:25 (Tue)] 史跡備前国分寺跡講堂地区現地見学会のご報告
[2017.03.15 18:04 (Wed)] シンポジウム記録集「両宮山古墳とその時代」刊行のお知らせ
123456 Next >